塩分過多の食事

野菜

高血圧は日本人の国民病といわれるほど多い病気です。
ほとんど自覚症状がないので、治療をせずに放置しているケースがかなりあります。
高血圧が恐ろしいのは合併症を引き起こすからです。
心不全や心筋梗塞などの心血管障害、脳梗塞やくも膜下出血などの脳血管障害、腎不全などの腎機能障害、大動脈瘤などの血管障害などです。
日本人に高血圧が多いのは、塩分過多の食事をとりすぎるのが原因です。
予防するには食事療法が最も効果的です。

家庭での食事療法
一般の家庭で食事療法を続けるのはかなり困難です。
それは家族の食事と患者用の食事を分けて作らなければならないからです。
患者には塩分量の低い食事が必要ですが、患者以外の家族にとっては味が薄すぎるのです。
このような家庭での食事療法の難しさをサポートするために、最近は高血圧患者用の宅配弁当が注目を集めています。
宅配弁当を利用すれば、主婦の手間も省けます。
宅配弁当といってもプロの管理栄養士などが塩分を調整して作っているので、安心して食べることができます。

美味しい宅配弁当

サバ弁当

また塩分量が1日で6グラム以下に収まるように、朝昼晩の3食とも塩分コントロールしている宅配業者もあります。
1食だけ塩分を抑えても、他の2食でオーバーしてしまえば何にもならないからです。
また宅配弁当が人気なのは、塩分を抑えているにもかかわらず美味しいからです。
いくら塩分を抑えても、美味しくなければ食事療法を長く続けることは不可能です。
宅配業者はたくさんありますが、塩分低下と美味しさと栄養バランスのとれたお弁当を届けてくれるところを選ぶのが大切です。

高血圧とは
高血圧とは、安静状態の時正常血圧よりも高い状態のことをいいます。
普段私たちは体をちょっと動かしたり緊張したりすることで血圧が高くなったりしますが、これは高血圧とはいいません。
血圧が高いと、血管に負担をかけ、動脈硬化をおこしやすくなります。
放置しておくと、脳卒中や心筋梗塞、狭心症など恐ろしい病気のリスクが高まります。
最高血圧が10mmHg上昇すると、脳卒中のリスクは男性で20%、女性15%高まると言われています。

食事療法が大事

ヨーグルト

血圧が高くなってしまう原因は、肥満、生活習慣、遺伝、ストレスなどいろいろと言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。
気をつけないといけないのはバランスの良い食事を基本とすること、特に塩分の取りすぎには注意しなければなりません。
日常生活で、塩分の調整をするには知識も必要です。
塩分は知らず知らずのうちにとってしまうことも良くあるからです。
基本的に自宅で調理し、使う食材もなるべく加工食品は避けるのが望ましいです。
加工食品や、漬物や練り物には塩分が多く含まれているので注意しましょう。
外食も味付けが濃い目なので控えましょう。
難しいのならば、宅配弁当を利用するというのも一つの方法です。

宅配弁当の利用
食事療法が大事といっても、色々とメニューを毎日考えるのは大変ですね。
塩分控えめな食事を意識しすぎると、味気ない料理になっておいしくいただけないかもしれません。
素材のおいしさを生かす料理方法は沢山あるので勉強するのが一番です。
ですが、なかなか時間が取れない人も多いのではないでしょうか。
そういった方のために宅配弁当があります。
宅配弁当には色々なものがあり「高血圧の人におすすめ」の「塩分控えめ」なお弁当も今は沢山あります。
塩分調整されていて、成分表示もしてくれているものなら安心です。
冷凍のまま、解凍するだけというお手軽な宅配弁当なら食べたい時に食べられますね。
上手に利用してみましょう。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031